憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

夏目漱石の名言

人物

夏目漱石の名言
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

夏目漱石 生誕150年

今年 2017年は、
明治の文豪 夏目漱石 生誕150年。

夏目漱石は
近代日本の運命を見据え、
病に悩まされながらも
人間追求をこころみた。

夏目漱石は東京大学や
第一高等学校の教壇に
立つ傍ら、執筆活動にも
勤しんでいた、
いわゆる二足の草鞋。

その上、文名の高まりと共に
ひっきりなしで来客が
やって来るので、
その対応に追われて

このままだと、
落ち着いて仕事も出来ず
週1回「木曜会」を開いたが
初めて会を開いたのが
明治39年(1906)10月11日

その1ケ月後、

夏目漱石は
明治39年(1906)11月9日
門下生の小宮豊隆宛てに
書き送った手紙の中で、

「君は一人で黙っている。
黙っていても、喋っていても
同じ事だが、心に窮屈なところが
あってはつまらない。
平気にならなければいけない」と
綴っているが、

小説『三四郎』のモデルにもなった。

夏目漱石は 細やかな気遣いで
無理に喋らせようとせず、
「黙っていても喋っていても
同じ事」と、サラリと言ってのけた。

小説 三四郎

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。