誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

お正月の風物詩【福袋】の由来

雑学

お正月の風物詩【福袋】の由来
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

福袋は買う派?買わない派?

【福袋】は、

余興や商店の年始(正月)に
初売りなどで販売する袋。

七福神で福の神として有名な
大黒天が抱えている袋が由来します。

大黒天が抱えている大きな袋の中には
『幸福』が入っているといわれ、
それにあやかろうと店側が
前もって中に色々なものを詰めて口を閉じ
お客様に選び取らせる袋のこと。

中身も値段もたくさん種類があり、
あっという間に売り切れるものも‥

【福袋】を毎年楽しみにしていて
購入する人もおられますよね。

【福袋】は、

江戸時代(1603~1868)
大丸呉服店(大丸の前身)が
残りの布などを袋に詰め、
そのうちのいくつかに金の帯を入れて
初売りで販売したのが始まりとされ、

明治40年(1907)には
つる屋呉服店(松屋の前身)

明治44年(1911)には
松坂屋が福袋の販売をした
記録が残っているそうです。

仙台では、
江戸時代から初売りで福袋が
売られていたという説もあります。

大正8年(1919)には、
永楽園というお茶屋が始めたという説も。

昭和になると、
多くの百貨店が福袋の販売をしました。

大黒天さま

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録